ウェブの資格

最近は、どんな職業にも資格があるが、就職に有利とされる資格は本当に少ない。
中でもIT関連における資格の多くは、ITを専門とする会社の採用では役に立たない。
例えば、ウェブデザイナーなどの仕事は、ネット上のウェブサイトのデザインを行う仕事だが、これらの仕事をこなすには、HTMLやCSSを基本的に勉強し、その後JavaやPhptoShop、Flashなどを覚えて、自分なりのオリジナリティーな表現をウェブ上に公開することができるまでの技量を持たないと難しい。
実情の資格取得のスクールでは、これらの専門的な知識を教えるところはほとんどないように感じる。
また、上記に掲げた知識や技術だけでも、とても奥が深くこれを極めることは大変で、こういった仕事に就きたいのであれば、日頃から実際に自分のページを作成しながら、自分の進むべき道を模索することが望ましい。
独学だけでは難しい部分も多々あるため、アシスタントとしてでも良いから専門の事務所で学びそこで経験を積むことが一番有効な方法である。さらに、需要を調べたり関連業界での友好関係を築くことも大切なポイントである。
スクールや独学で知識を得ても、ネット上で公開されているSOHOなどの仕事では生活を支えるだけの収入は得られない。運よく企業に採用されて、自分の作品が多くの人に認知されないとまずお金にはならない。
そう言う意味では、まずはアルバイトなどの非正規雇用でも、最初に働き口を見つけて、この業界で経験を積むことが必要である。